青竹ふみを愛用しています。

「ねむねむ」様(42歳、女性)からの体験談です。

足がだるい時や、足がちょっと疲れているなあという時に私がしていることは、青竹ふみと、フットマッサージャーを使うことです。
 基本は、自分自身で足を動かして青竹ふみを行うことですが、フットマッサージャーは疲れすぎてどうしてもやる気の出ない時に使うようにしています。
 青竹ふみは昔から変わらずにあるというだけあって、たかが青竹ですが、その上を歩くことで足のツボが刺激されるのかとても気持ちがよく、疲れも取れます。テレビを見ながら、15分くらい続けると足のむくみもだいぶとれ、次の日に疲れを残すこともありません。
 フットマッサージャーは、いすに座って足を機械の上にのせておくだけなので、本当に楽です。
 マッサージの力加減や早さも自分で調節して選ぶことが出来るので、自分好みのマッサージをしてもらうことができます。本当なら、マッサージのお店でしていただくのが一番気持ちいいと思います。でもこれを使えば、いつでも好きな時に、それ程お金もかけずにマッサージが出来るので重宝しています。
 だいたい、この2つを行えば、足の疲れはなくなります。
 でも寒い日に1日外で過ごさなければならなかった時など、これでは全く効かないこともあります。
 そういう時は、最後の手段で足湯をします。
 温泉の足湯に行ければ一番良いですが、なかなか時間もとれません。
 そんな時は、自宅で足湯をします。深めの足が入るほどの容器を用意して、その中に熱めのお湯をそそぎます。冷めたらまた足せるように、近くにはやかんに熱湯を用意しておきます。その中に足を入れて、30分から1時間くらい、好きなだけ足を入れて温めます。30分を過ぎるころから、どんなに冷えていても背中や顔、頭からは汗が少しづつ出てきますので、タオルでよく拭きながら足湯を続けます。
 風邪っぽい時も、この足湯をすると長引かずに軽く済みますので、私はよくやるようにしています。準備は面倒ですが、やった後の体調はかなり良くなります。ぜひお試しください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ