徹底的に食事にこだわった健康法

「アンド」様(31歳、女性)からの体験談です。

しばらく仕事の事情で不摂生な生活をしていました。

体重は増え、便秘などを招いて肌がボロボロの状態になり、ふと鏡で自分の体型や顔をみた時にやばいと感じて健康食に切り替える生活を始めました。

内容はごく単純。

私は置き換え生活と呼んでいます。

酵素やプロテインダイエットのように一色をドリンクなどの栄養補助食品に置き換えるのではなく、それぞれを置き換える仕組みで継続してできる健康法を目指しました。

具体的にたとえると、白米を玄米、麺をしらたき、クッキーなどのお菓子は小麦粉でバターはカロリーオフを使用、それに使用する砂糖もカロリーゼロの人口甘味材やキビ砂糖などを併用して自作しました。

主に使ったのは鶏のもも肉です。

味を工夫できるようにお酒などに漬けてもも肉を柔らかくすると、いろんな料理にアレンジできて長く継続して続ける事ができました。

玄米にもたまには古代米を混ぜるなどし、飲む水は軟水と硬水に分けて使用したところ、便秘とは無縁になり、お肌はつやつやになりました。

運動はほとんどやっていませんが、歩くときに大幅で歩くなどの工夫をして、エレベーターではなく、極力階段を使うようになりました。

特にカロリー制限をすることなく、ほとんど食事法を変えていないのに体重もみるみる減りました。

料理も少し上達して一石二鳥です。

特に気を付けた事は、毎朝の食事に発酵食品を3つ以上取り入れる事です。

免疫力が付き、風邪を引かなくなるという話を聞いたことがあったので、すぐに実行しました。

毎朝玄米ご飯に味噌汁・納豆、ヨーグルト、チーズ、梅干し、いろいろなものを組み合わせて食べています。

どれもおいしく、それを食べた後に必ずお通じが来るのでお腹は常にすっきりした状態です。

特に過激な運動もせず、自然的なものに置き換える食事法なので、病床にある方や妊娠している方にとてもおすすめだなと思います。

現在私も妊娠9か月目ですが、普通に食べて6キロ前後しか増えていません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ