腹式呼吸で体温アップ

「まみみ」様(25歳、女性)からの体験談です。

私は平熱が35度台しかありません。そんな私は普段からとてもよく風邪をひきます。

熱は出なくとも鼻水や頭痛に悩まされる事が多いです。

平熱は36度台ではないと免疫力が落ちてしまうそうで、実際に生活してて自分でもそう思います。

でも、普段から体を動かしてはいるし、お風呂のお湯にもちゃんと浸かって体を温めているのにどうして体温が上昇しないのだろうと

疑問に思っていました。時に激しい運動をしてみたり、または緩やかなに動いてみたりと変化をつけていましたが、それでも効果は

得られませんでした。

しかし、ある日ネットをしていて目についた呼吸法を意識してみた結果、段々と平熱が高くなってきました。

その呼吸法と言うのはただ単に腹式呼吸をすると言うだけの事なのですが、すぐに効果を実感できました。

今まで呼吸と言うのは吸ってから吐くものだと思っていたのですが、実は吐いてから吸うものなのだそうです。更に、平熱が低い人は

平熱が高い人に比べ呼吸が浅いようなのです。

その部分を見て、思わずハッとなりました。実は私は普段から呼吸が浅く、特に何かに集中している時は息を止めてしまって、その事に

気付くのは大抵苦しくなってからの事でした。

こんな変な呼吸をしていたから平熱のが低いのか、と納得してしまいました。

改めて呼吸を見直し、常に腹式呼吸を心掛けた結果、いつでも体がぽかぽかするようになりました。

初めの内はぽかぽかしすぎてじんわり汗をかいたくらいです。あまりの即効性に驚きました。

何をしても体温が上がらなかった私ですが、今では平熱は36度4分辺りで安定しています。今では風邪知らずの自分の体に嬉しく思います。

欲を出せば6度後半まで上げたいところですが、そこは無理に上げようとせず腹式呼吸を続けて徐々に上げていきたいです。

平熱が低く体がダルかったり、病気をしがちな人は是非とも腹式呼吸をお試し下さい。

寝る前にゆっくりと意識してやるだけでも体がぽかぽかしてくるので、気付いた時にやるだけでも効果は出るはずです。

腹式呼吸で体温を上げて心身共に健康な体を目指しましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ