これで肌はつやつやです。

「つや子」様(32歳、女性)からの体験談です。

若いころはつやつやだった肌のつやが、年々なくなってきました。
年と共にそういったものがなくなるのは当然ですが、出来ることならもう少し若々しくいたい。本や雑誌、テレビなどを見て、自分なりにどうしたらあの頃のつやが戻ってくるのか研究してみました。
まず、食べ物です。
発酵食品を良く取っている方のインタビューを見ると、たいてい発酵食品のおかげで肌がきれいになったと書かれています。塩麹やぬか漬け、みそ、しょうゆ、ヨーグルト、甘酒などを使って、料理のほとんどを発酵食品を使った料理にしているようです。甘酒は飲む点滴とも言われていて、栄養がとてもあるようです。
私もこれを機に発酵生活をはじめてみました。
次に、体の中の悪いものを出すことです。
体の中には、日ごろ食べている食べ物の中に含まれている添加物など、およそ体に良いとは思えないものが蓄積されています。こういったものは、体の中から出さない限り、どんどんたまっていってしまいます。
そこで、汗をかいて出す方法を思いつきました。
毎日、1時間お風呂で半身浴をします。長く入れるように38度~40度くらいのぬるめのお風呂にします。15分くらいすると、額から頭から首から…と体中のいろいろなところから汗が出てきます。これでも十分ですが、ひとさじほどの塩をお風呂に入れると温まり方が違って、汗がダラダラと出てきます。いつもよりもたっぷりと汗をかきたい人にはおすすめです。
このような生活を2か月ほど続けています。
肌の調子はどう変化したかですが…。
とてもつやつやになりました。
発酵食品をとるようになって変わったことは、発酵食品をせっかくとっているのに、インスタントラーメンを食べたら、なんだかもったいないよねと思うようになったことです。同じようにチョコやドーナツなど、今まで毎日のように食べていたお菓子類を全く食べたくなくなりました。
汗を出して悪いものを出すとともに、体に悪そうなものを食べなくなったことも大きいと思います。
おかげで以前より、健康にもなれそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ