お水と基礎化粧

「さっちー」様(26歳、女性)からの体験談です。

私が実践している美容健康法は水を飲むことと基礎化粧品を正しく使うことです。
まず、水についてはモデルさんが毎日たくさん水を飲むということを聞いてから実践しようと思いました。
理論的には人間の60%程が水分でできているというのは有名ですが、その水は大体二週間ほどのサイクルで循環しているという事、そして人間が体内の毒素を排出する手段は排泄が一番簡単だということです。
つまり、たくさん水を飲んでたくさん尿や便で排泄することで体内の環境が常に循環し毒素を溜めない身体ができるという考えです。
この時注意するのは一度に大量の水を取ってはいけないことです。
大体1リットルを1~3時間かけて飲むのが理想ではないでしょうか。
また、コーヒーやお茶、ジュースではなくミネラルウォーターや浄水器を通した水道水など飲む水にもこだわっています。
これは水分では水以外の余計なものが体内に入るからです。
特に水道水は水道管を通るため消毒用に塩素少量入っています。
これは漂白剤が限りなく薄くなってはいっているのと同じです。
他にも雑菌や不純物が入っている可能性を危惧しているので私は浄水器を通した水を飲んでいます。
次に、基礎化粧品を正しく使うことについてです。
肌は日々空気に触れ、空気中に漂う塵や埃、PM2.5や花粉に晒されています。
ですので寝る前の洗顔は必ず行いますし、化粧をするつもりがなくとも乳液や化粧水で肌を守っています。
その中でも一番大切なのが化粧落としです。
化粧品の多くは脂が入っており油を落とすには油で落とさなければなりませんが化粧おとりで使用する油が酸化していては元も子もありません。
ですので私はできる限り酸化しない油を使用し化粧を落としています。
その時特に鼻の下や小鼻のあたり、顎、首と顎の境目などを特に気にして化粧落としをします。
これは化粧水や乳液を塗る際にも気を付ける部分です。
さらに、化粧を落とすタイミングは髪の毛を洗ってからです。
これは髪を洗い流した時のシャンプーやコンディショナーが顔に残ってしまうからです。
ですので髪を洗い終えたところで化粧落としをします。
また、風呂をあがってすぐにコットンに化粧水をしみこませパッティングします。
これは指先が化粧水を吸い込んでしまわないようにです。
化粧水のあと、乳液を、そのあとクリームを塗って終わりです。
これが私の実践している美容健康法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ